自分で出来る腰痛改善

原因がわからない腰痛...実は多い このような方にこそお勧めします

あきらめる前に出来ること

初めまして。

私が運営する「壮快カイロプラクティック」では2004年2月の開業以来、
延べ55,000人以上の方が笑顔に戻られ、
その中でも腰痛の方の割合は80%を超えます。
そしてその改善率は非常に高く95%以上を維持し続けております。

当院に来られる皆様は、大半が病院や他の整体などの治療を受けておられます。
でもなかなか“改善”という結果が得られなかった方々です。
こんな皆さんに共通しているのは、腰痛の原因に行き着くことが出来なかったことです。
原因を特定できないままでは、当然のことながら状況と対策が合致しません。
言葉は悪いですが“当てずっぽう”な対策になってしまう訳です。

批判めいてしまって心苦しいのですが、「腰が痛い」という方に原因を特定しないまま
痛み止めが処方されたり、筋肉が張っているからといって腰を揉んだりしても、
それが原因に合致するものでなければ結果が出ないのは当たり前ですよね。
一般的にはこんな状況ですから、私共に来院される多くの方が原因を理解しないまま、
改善できずに何件も渡り歩いてこられたのです。

今回マニュアルを出版しようと思ったのも、気軽にインターネットで情報発信できる今、
腰痛をお持ちの方のお悩みを解決してきた経験と知識で何か貢献できるのではないかと考えたからです。

メディア紹介履歴

・2014年8月フジTV「めざましテレビ」夏血栓にインタビュー出演

・レインボータウンFM(79.2MHz)「大江戸ワイドスーパーイブニング」に出演2回

・【ラジオこうとう】提供:
江東区 「さざんか あの街、この街」

・【東京ベイネットワーク】
「爽快! 遺産登録」

・【江東区:ことみせ】*
江東区が運営する区のお店紹介サイト

・雑誌【ママポン】での掲載コーナー「教えて(^o^)/ママたちに評判のいい病院」2回

・【月刊ネットワークビジネス】
インタビュー記事「寒い季節をこれで乗り切る!いますぐできる肩こり・腰痛対策」

・【月間ガイア】
おすすめ治療院として紹介

出版

2018年11月
【読んで納得⁉原因不明の「痛みやシビレ」あなたの痛みはあなたのもの】出版

読んで納得⁉原因不明の「痛みやシビレ」あなたの痛みはあなたのもの

医学界の腰痛の85%は原因不明論に挑む

近頃医学界では
「腰痛の85%は原因不明」と言われていることは、あなたもテレビなどで見たことがあるかも知れません。

これは、医学的に原因が特定できる「特異的腰痛」の割合が15%程度であることから、
残りの85%は必然的に原因不明となっているということです。
あなたも病院で検査して「原因不明」または「異常なし」と診断を受けたのではないでしょうか?

でも、痛みなどの症状があるなら、「原因不明」はともかく「異常なし」であるはずがありません。
私たちの体は異常があるから痛みを発しているのです。
これは病院での検査方法に原因があるのですが、
病院の検査で原因が分からないなら推理するという手段があります。
当院ではこういった「原因不明」または「異常なし」と言われる腰痛の対策には、
あらゆる角度から検討した推理を用いて対応します。

2004年2月の開業以来延べ5万5千人以上もの人たちの体の問題を解決してきた
“経験の蓄積”があるので、その精度は相当に高い自負があります。

当院に腰痛の改善目的で来院した方の多くが一度は病院に行き
「原因不明」「異常なし」あるいは「少しヘルニア気味だけど手術するほどではない」
というような診断を受けています。
ところが困ったことにそれらの診断の元では、腰痛を改善するための具体策につながらないのです。

これは医療は学問がベースであり、学問である以上根拠(エビデンス)が必要であり、
それが明確でないと具体策が取れないという事なのだろうと推察します。
医療の現状が盲点となってしまっているのです。

医療機関で分からなかった腰痛をお持ちの方には、いくつかの共通点があります。

  • パソコンをしていると痛い
  • 台所仕事がつらい
  • お風呂掃除がつらい
  • 掃除機がかけられない
  • オムツ替えがつらい
  • 子供を抱っこする時痛い
  • 階段の上り下りが怖い
  • 椅子から立つ時ズキッとくる
  • 顔を洗うのも辛い
  • 靴下をはく時痛い

こういう痛み方を感じている方には、このマニュアルが適応している可能性はかなり高いはずです。

実際に原因が分からないまま間違った治療をし、改善できなかったという例がいくつかありますので、
ご紹介したいと思います。

腰痛改善のためのストレッチを行っていた。

あなたも腰痛を何とかしようと、一生懸命にストレッチをしていませんか?
そのストレッチをやり続けて腰痛は良くなっていますか?

もしその良かれと思ってやっているストレッチこそが更に悪化する要因となっているとしたら…
ちょっと驚きではありませんか?
あなたがもし前項で一つでもチェックが付いたなら、更に悪化する可能性がありますから、
ストレッチは今すぐ中止してください!

一般的に腰を伸ばすためのストレッチは、立位や床に座っての前屈、床で開脚しての前屈ですね?

数年前の話ですが、長野県から来て頂いていた方で、
施術の他にこのマニュアル通りのセルフケアをして頂いているにもかかわらず、
なかなか腰痛が止まらなかった方がいました。
その方は5年ほど前から定期的に整形外科にも通院している方です。
施術直後には一旦腰痛は止まるのですが、
次回来院時には元に戻っていることを繰り返していました。

施術直後に一旦痛みが止まっているという事は、
一旦は改善しているのに維持できていないということ。

私は「セルフケアはきちんとできていますか?」と何度も念を押して聞いていました。
そんな事が5回ほど続いていたある日、ご本人からこんな返事が返ってきました。

一般男性-通常-
間違いなくやっていますよ。
病院で教わったストレッチも真面目にね
松本先生
(え?ストレッチ?
そんな話聞いてないよ…)
「どんなストレッチですか?」
一般男性-通常-
「床に座って足を伸ばして前屈するヤツです」
松本先生
(…ヤッパリ)
そのストレッチが阻害要因になっている可能性があります。
一旦中止してください。
一般男性-通常-
でも、病院から教わったストレッチですけど、やめて大丈夫ですか?
松本先生
5年前からその病院に通い続けていて、そのストレッチも真面目に続けていて、それでも解決できていないから今ここにいるのではありませんか?
一般男性-通常-
まぁ、そこまで言うならやめてみますね...。
一般男性-通常-
ストレッチ止めたら腰痛が止まりました!

体のために行うストレッチですが、
原因に合致していなければ悪化要因になることもあるという実例です。

腹筋が弱いから腰痛になるという大間違い!

もう一つ間違いやすいのは腹筋です。
整形外科でも腰痛改善に「腹筋の強化」を指示されている方って多いです。
これは腹筋が弱くて背骨の支持力が弱いから腰痛になるという間違った考え方の代表格です。

まず、筋力が弱いことが腰痛の原因になり得るのか?というと私の答えはNO!
絶対にそんなことはあり得ない。

普通に姿勢を維持して生活できる程度の筋力があれば十分です。
(姿勢を維持できる筋力がないなら別です)

例えば、歩き始めたばかりの幼児と大人の筋力を比較してみましょう。
明らかに大人の方が筋力は強いです。

では筋力の弱い幼児に腰痛の子はどのくらいいるでしょうか?
私は見たことも聞いたこともありません。
絶対に大人の方が腰痛持ちの人は多い、というか大人にしか腰痛なんて起きないですよね。

或いは男性と女性の比較。

一般的に生理学的に女性の方が男性よりも筋力は明らかに弱いです。
では腰痛の人は明らかに女性の方が多いと言えるでしょうか?
いやいや、男性だって相当多いですよね。

疫学的には腰痛患者は男性で25%程度、女性で30%程度の様ですから、
生理学的な筋力差ほど差は大きくはないと言えます。

さらに言うと一般人とスポーツ選手では一般的には明らかに一般人の方が筋力は弱いでしょう。
でも腰痛持ちのスポーツ選手も沢山知っていますよ、私。

これらの例が示すように、腹筋が弱いから腰痛になる訳ではないのです。
だから一生懸命に腹筋をやっても腰痛は改善しませんし、
実際にそうやって更に悪化した人も何人も知っています。

ブロック注射、痛み止めの薬、湿布は根本的な改善策ではない

当院には病院でブロック注射や痛み止め、
湿布を処方されて腰痛が改善できないという人がたくさん来院されます。
薬が効いているうちは良いけど、薬が切れたらまた元に戻る、という人も多いですし、
そもそも薬が効かないという人も。

ブロック注射とは“痛みの元になっている場所の神経の近くに麻酔薬を注射して
痛みの伝達をブロックする”というものです。
要約すると神経を麻痺させて痛みを感じなくするためのもの。

どうしても痛みが我慢できないような時には、
効けば即効性があるので良いのではないかと思います。
一方痛み止めの薬の方は、効く場合もあるけど効かない場合も少なくないのが現状だと思います。

しかし、どちらも腰痛になった“原因”にアプローチするものではないので、
根本的な改善には至りません。

ブロック注射は麻酔が切れたらまた痛くなりますし、薬も同様です。
痛みの元となっている原因はそのままなので、時間が経てばかなりの高確率で再発しているし、
痛みを感じなくなっている間に悪化要因がさらに蓄積してもっと悪化する可能性すらあるのです。
本質的な問題から対策が外れてしまっているからです。

腰痛を改善するための必要不可欠な条件は、
まず原因を特定してその原因に対して的確にアプローチすることです。
「こうなっているはず」だから
「こうする」という考え方ですね。
例えば寒い日の対策として服を重ねて着るのは「寒いから」「着る」のです。
「寒いから」「脱ぐ」とはならないですね。
これが原因と対策が合致するかどうか、という視点です。

痛いから痛み止め、痛いから麻酔…
というのは、あくまでも痛みにアプローチしている治療法で、
とりあえずは間違ってはいないものの、根本的な原因には行き着きません。
痛みが強すぎる時には非常に有効なものだとは思いますが、
それだけではやはり足りないと思うのです。
問題は「なぜ痛くなったのか」をあぶり出し、
その「なぜ」に対してアプローチする必要があるけど出来ていないことなのです。

当院に来た大半の方はこの「腰痛の85%は原因不明」に該当する方なわけですが、
そうだからといって改善できなかった例は今までほとんど記憶にありません。

つまり学問的な見方をしなければ結果が出る可能性が高まるという皮肉な現実があるのです。
私が日々現場で提供しているサービスは医療ではありません。
医療行為を行わないので、 “結果が出ればそれで良い”という考え方ができます。

もちろん安全であることが前提とはなりますが、結果が出るなら学問的でなくてもよし、
と考えることが出来るのです。

腰痛改善のプロが教えるセルフケアの方法

壮快カイロプラクティックには開業以来一番多いのは腰痛の改善目的の方のご来院です。
中には長年の腰痛でお悩みの方も珍しくはありません。20年来という方もいました。

なぜ20年も解決できなかったのか?
それは根本的な原因から外れた対策をし続けてしまっていたからです。

腰痛の原因と対策については様々な説が存在しています。
情報を提供する側は「私の説が正しい」といいますし、それは私も同様です。
でも一般の方にはどれが正しいのかまるで分かりません。

そこで私が腰痛の方に必ず言うことがあります。

それは「良い結果が出た方法、考え方が結果的に正しかったと思いましょう」ということです。
それこそが最も公平で的確な考え方だと思っています。

その意味でこの【腰痛セルフケアマニュアル椎間板編】は、
様々な原因が存在する腰痛の中でも、最も多いものだと考えています。
だからセルフケアでも改善が期待できるし、実際に当院での対策の主軸になり得るのです。

これに当てはまればこのマニュアルの適応の可能性が高いです!

あなたはこんな腰痛でお悩みではありませんか?
このマニュアルが合う可能性をチェックしてみましょう。
一つでも該当したらこのマニュアルが適応する可能性がありますし、
該当数が多いほどその可能性は高まります。

あなたはこんな腰痛で
お悩みではありませんか?

このマニュアルが合う可能性を
チェックしてみましょう。

一つでも該当したらこのマニュアルが
適応する可能性がありますし、
該当数が多いほどその可能性は高まります。

  • 顔を洗う時
  • 中腰作業
  • お辞儀
  • 靴下をはく時
  • 子供の世話 など
  • 背伸びした時
  • 体操などで反らせた時
  • デスクワークしている時
  • パソコン作業
  • 足を組んで座っている時
  • ソファに座っているのがつらい
  • 起き上がりの動作時
  • 起床してしばらくの間痛い
  • 起床直前も痛みで目が覚めることもある

施術を受けられない人にも効果があるのか?

このようなネット上で販売されているマニュアルで本当に腰痛が解決できるのか?
それはあなたが一番気になる所だと思います。
当院の腰痛対策は95%以上の成功率を維持しておりますが、その大半を占めるのはセルフケアです。
起きている腰痛が先天的なものでない限り、その原因はご本人の日常生活にあるからです。
つまり本人の日常を変えるようなセルフケアを行うことで改善が期待できるのです。

ご心配なら、あなたがもし出張などで東京に来られることがあったら、
是非サポートとして付けている無料の施術を受けに来て下さい。

一度施術を受けて頂いて諸々の注意を聞いて頂けば、
理解はさほど難しいものではないので比較的早く結果は出るはずです。

実際に通院が不可能な方も、
治療のほとんどをセルフケアだけで腰痛のお悩みを克服している事例があります。
完全にセルフだけではないのですが、よく似た例を一つご紹介します。
鹿児島県にお住いのTさんの例です。
Tさんは林業に携わる方で、腰痛がひどくて病院や整体、
整骨院など地元で良いと言われるところには片っ端から行ってみたそうです。
それでも腰痛は良くならない。

偶然Tさんのお姉さまが東京に住んでおられて、当院の噂を聞いたお姉さまから電話がありました。
「鹿児島の弟がひどい腰痛持ちでどこに行っても良くならないのですが、何とかなりませんか?」と。
「整形外科からもらったMRI写真があるのですが参考になりますか?」というので、
ではまずはそのMRI写真を送ってください、と言いました。
写真を見た結果、遠隔地だから定期的な施術は無理でもセルフケアで何とかなりそうだと判断した私は、
「何とかなると思いますよ」とご連絡しました。

Tさんは金曜の夜飛行機で移動して、週末の休みを利用して施術を受けて帰られて、
あとはセルフケアだけで改善を図ることにしました。
施術は2回やりましたが、あとは地元に戻ってからは全てセルフケアだけです。

2週間ほどしてTさんから来たメールには「今までには考えられないほど調子良いです」と書いてありました。
Tさんの場合には2日連続で施術は行いましたが、それ以外は全てセルフケアだけです。

あなたがもし施術を受けることが出来なかったとしても、痛みが出る条件や状況に合致さえしていれば、
セルフケアだけでも効果は十分に期待できるはずです。

他にもたくさんの方から腰痛を克服した喜びの声を頂いています

※掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

※いずれも継続的な施術はしていますが、メインとなる対策はセルフケアの実践です

ごめんなさい。次の方は期待にお応え出来ない可能性があります。

椎間板変性以外の腰痛の場合には、このマニュアルは結果が出ない可能性があります。
具体的には

  1. 内臓や血管などの病変による腰痛
  2. すべり症を伴った腰痛
  3. 靭帯が肥厚したタイプの脊柱管狭窄症
  4. 精神的な不調による腰痛

初めて聞く言葉もあると思いますので、解説しますね

1.内臓や血管などの病変による腰痛

内臓や血管の病変による腰痛は、そもそも原因の次元が違うので、内科的治療を優先させるべきです。

2.すべり症を伴った腰痛

すべり症自体は腰痛の原因にはなっていない事が多いものです。
椎間板変性による腰痛の方に偶然すべり症も見つかっているだけの場合が多いのですが、
セルフケアで対処するにはリスクを伴います。

すべり症がある場合には高度な判断と、慎重な調整が必要となりますので、
ご来院頂ければ対応は可能ですが、セルフケアだけではおススメはできません。

3.靭帯が肥厚したタイプの脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、脊髄(脳から出発している神経の束)が通っている脊柱管(背骨後ろの空間)が
何らかの要因により狭くなった結果、神経を圧迫するというものです。

膨隆型のヘルニアに脊柱管狭窄症と診断がつく場合もありますが、
その場合はこのマニュアルで効果がある場合もあります。

ただ、脊柱管(背骨後ろの空間)の内側の靭帯が何らかの要因で肥厚したタイプの狭窄だった場合、
このマニュアルの方法では良い結果に結びつかない可能性があります。

4. 精神的な不調による腰痛

精神的な要因による腰痛の場合、原因の次元が違うのでこのマニュアルでは対象となりませんが、
適応の可能性に合致していれば改善の可能性は高くなってきます。
まずは心療内科で改善を図ってみて下さい。

もし、該当するか不安という方でご相談を希望される方は、
ページ下部の特商法に関する表記から、メール、電話、LINEなどの連絡方法をご利用下さい。

この「腰痛セルフケアマニュアル椎間板編」の方法が身に着けば
腰痛とはこの先さよならできる可能性もあります。


それは、腰痛の原因は様々なのですが、中でもこの椎間板変性による腰痛というものは、
群を抜いて多いからです。

前項で挙げた内臓の病変など4つの適応外のものは頻度としてはそれほど高くはありません。

ですからこのマニュアルに沿って椎間板に起因する腰痛のコントロールを身に着けて頂けば、
事実上はもう繰り返すことはなくなるはずです。

この【腰痛セルフケアマニュアル椎間板編】を手に入れて実行することで、非常に早く改善が期待できるだけでなく、日常的にこういったタイプの腰痛を解決しているプロのサポートが約束されているのです。
それが本マニュアルをご購入いただく最大のメリットです。

腰痛セルフケアマニュアル椎間板編ご提供内容

※本マニュアルでは
「椎間板変性セルフケアマニュアル・腰痛編」と
「腰痛セルフケアマニュアル・椎間板編」
という
2通りの表現をしていることがありますが、どちらも同じものです


本マニュアルは【腰痛】を対象としていますが腰の椎間板に原因のある【臀部痛】や【坐骨神経痛】もカバーしています。

傷めてきた要因の排除とすでに傷んでいる椎間板の修復を同時進行で行うことで、非常に高い確率で改善に導きます。

初期段階から比べると徐々に悪化している実感があると思いますが、少なくとも本マニュアルを手に取っていただく事で、これを境に今以上の悪化は防ぐことが出来るでしょう。

さらに「うまくいかない」「よくわからない」方のために、無料の施術を付けております。

来院できない遠方の方には、ZOOM、Skype、LINEビデオ通話などでフォローいたします。
(ただし、その場合は一旦お電話などを頂いて、ご相談の上時間を決めさせて頂きます)
※サポートの利用期限:購入日から3か月間、回数:5回まで、対応時間:約25分
※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
痛みなどには様々な原因があり、効果には個人差があります。

※ご注意:急性腰痛(ぎっくり腰)には適応いたしませんので痛みが慢性化してからご使用ください。


説明動画1時間41分13秒
実践動画11分37秒

マニュアルでの説明と完全に連動しています。
「エクササイズと姿勢」の動画を見ていただく事で、
何をどうすれば改善に至るのかが理解できます。
実際の動きを動画で見ていただく事で、対策を正しく行うことが出来ます。

病院で腰痛の原因が見つからないひみつが分かります
・画像診断では原因が写らない
・病院では画像で原因が移っていないと「異常がない」ことになってしまう
・その結果として的外れな対策になってしまう
詳しくは本編をご確認下さい


「やってみたけど結果が出ない」
「やり方が分からない」という方のために
無料での施術を一回お付けしています。

一度施術を受けにご来院頂いて、説明を聞いて頂けば理解が深まります。
施術を受けることで、より改善しやすい状況をご提供します。

遠方などでご来院が困難な方には、
ZOOM、Skype、LINEビデオ通話、電話などでフォローいたします。
※サポートの利用期限:購入日から3か月間、回数:5回まで、対応時間:約25分

Q&A

  • 施術を受けなくても腰痛を改善できるものでしょうか?
  • 上に掲載の適応の可能性に一つでも当てはまれば改善できる可能性は高いです。
    (あてはまる数が多い程可能性は上がります)

  • あまり器用ではないのですが、失敗はしないでしょうか?
  • 方法自体は非常に簡単なものなので、誰にでも実践できます。
    当院では小学生から80代のご年配の方まで例外なくできていますから大丈夫です。

  • セルフケアで改善出来るか不安なのですが…
  • よく分からない方のために無料の施術を付けております。
    一度施術を受けて頂いて説明を聞いて頂けば大丈夫ですし、
    不安なら施術を継続して頂いても結構です。
    ※施術継続の場合2回目以降は通常料金を申し受けます。
    遠方で施術を受けられない方にはZOOM、Skype、LINEビデオ通話、電話などでフォローいたします。

椎間板は極めて治りにくいからコントロールするのが現実的

椎間板は内部に血管が通っていないと言われています。
そのため本当の意味で治るにはずいぶん時間がかかるものです。
ですから痛みを出さないように、コントロールできるようにするのが現実的です。
コントロールできるようになるにはそれほど時間はかかりません。

1週間~長くて1ヶ月もあればコントロールした生活が身につけられるようになります。
そのためにはこのマニュアルをしっかりと読んでいただき、付属の動画もよく見て実行してください。

特に日常の体の使い方をしっかりと覚えて下さい。
そうするとかなり早い段階から痛みをコントロールできる実感が得られるはずです。
コントロールできる事が分かってしまえば、これまで何をやっても改善できなかった腰痛もそれほど怖いものではなくなります。

今すぐ購入する

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
痛みなどには様々な原因があり、効果には個人差があります。

結果が出なければ1,000円だって高いし、結果が出るなら10万円だって安い…
そんな風に感じている方も多いと思います。長年改善できなかった方ほどそう感じる傾向が強いはずです。
このご縁があなたの生活に良い結果をもたらしましたら幸いです。

全力でサポートさせて頂きます。
ご来院が不可能な方には、ZOOM、Skype、LINEビデオ通話などでフォローいたします。

こちらよりご連絡下さい
■お電話でのお問い合わせはこちら
0120-635-374